スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki-全国編第11話「脅威」 感想とか

マーノたんイェイ~

はい、どうでもいいですね。



今回は末原先輩名言回やで~。

楽しみにしてたのです。



・霞さん8さい
こ、声に無理が・・・?


・今、それを使います
なんで脱ぐ必要があるんですか(疑問)
発光してますけどオーラ的なものを末原先輩まで感じ取ってますね
「雰囲気が急に別人」というかなんか光纏ってるよ…。


・圧倒的名言ラッシュ
普通の麻雀させてーな


・ラス転落
カタカタがない…!?
どういうことだ小野ァ!


・こいつが永水でいちばんやばい
末原先輩出てくるたびに絶望顔しかしてないよ…。
言うほどこのモードをオフにする必要ってあるんですかね…?


・この場での戦いやすさに!
必死さが伝わってきてすばら。
いいシーンだと思います。


・咲さんの末原先輩チラ見
原作よりかなり意識してる描写が増えてますね。
このあたり具体的に回収してくれるかな~。


・トシさん解説
飲んどる場合かーッ!


・メゲるわ…
もっと絶望感たっぷりかと思っていたのですが…


・和「咲さんの表情が変わった(魔王化)」
モノクル選手、死亡確認
ちょーこわいんだけどー
このシーンは咲さんの中でもそうとう異常だと思います。
なんでここだけこんな風な描写になってるのかとても気になります。


・またみてください
なんだこのおっぱい!?(驚愕)




カタカタがない(二度目)
おかしい……こんなことは許されない……。
霞さん回と見せかけて基本的に末原先輩視点で進んでいくからなぁ。
しかもここでシリアスED姫松verってのがなんかあれですよね。

次回でついに大将戦も終わりか…。
悲しいなぁ…(諸行無常)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

モノクルさんがカタカタしてたからそれで我慢してや

No title

初コメします

今回に限らず二期三期通して感じてる事ですが、演出が弱いというかかみ合わない感じですね。
まこの次鋒戦のBGM(♪「この一手で」)の使い方や映像の見せ方なんかはカッコ良くて良かったんですが、三期のそれ以外のシーンはちょっと迫力が足りなかったりイメージと違かったり・・・
上で挙げられてる「メゲるわ」「カタカタ」もそうですし、咲が立直してからの和了なんかテンポがゆっくりすぎてイマイチでした。
まぁ槓からのツモ切りの所の魔王っぷりが中々良かったので良しとします(本当はそこのBGMのイメージもちょっと違うのですけどね)

No title

霞さんは、かませだったのか…残念

No title

シリアスED清澄verがあったりするかと期待したけど
姫松でしたね。

カタカタ末原見たかった~~~
来週どうなるか楽しみ

No title

恭子さんの名言オンパレードで俺歓喜!でもお亡くなりになったモノクルさん・・・

霞さん(8歳)の声にムリがある?おいあんた!!ふざけたこと言ってんじゃ…

No title

カタカタと一緒に戦犯顔もカットされてましたね・・・
ネキのダンダンッも改悪されてゴッ倒すもボッ倒すって感じでしたし

原作ファンの期待を裏切った畜生スタッフを許すな
プロフィール

mano_blanch

Author:mano_blanch
マーノ・ブランシュ
なんJ用語とか多用するので注意。

最新記事
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
最新コメント
応援中
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。