スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉帯豊音選手、謎の能力出し惜しみ


無事、2回戦敗退が決定した模様。




冗談抜きで豊音ってなんで先負友引しか使わなかったんですかね?

霞さんの絶一門に対しても「全体効果系じゃないと対応できないかなー」と言っていたわけで
なぜ使わない。使えないのか、使いたくないのか、使う度胸もないのか?

まあそのすぐ後に「対策の仕方が分からないよー」と言ってましたけど。



考えられるとしたら、1戦で2つしか使えないとか使ってたけど絶一門のほうが強かったとかあの場で使える能力がなかったあたりですか。




豊音の能力に関してはもう先達の皆様方が散々考察されていますが、少しだけ。


既出の二つが六曜であること、更に赤口も存在していることから六曜全てに相当する能力があるであろうことが分かります。

先勝に関しては先負の逆に近い能力で、先制リーチに関わる能力でしょう。
追っかけリーチされた場合にその牌が当たりになるか、もしくはその後のツモが当たり牌になるか、はたまた全く別の効果を生み出すのか。
とりあえずあの状態ではあまり効果が出なさそうです。


仏滅はマイナス能力というのがまず思い浮かびます。
大安と表裏一体の関係的な。
個人的には能力の消滅=無効化に特化した能力という説を推したい。
それだと絶一門相手に使えるのはこれでしょうか。


大安は分かりやすく超強運状態みたいな感じかな。絶対に振り込まないとか。
ただし無条件に発動できていては便利すぎるので、何かしら制限かデメリットがあるはず。


赤口は一番の問題児くんですね。
意味的には負のものなので、大安の逆に来るマイナス能力かもしれませんが、それだと初見のときに赤口を使わせる理由が存在しないので却下です。
名前から麻雀に即して考えると赤ドラ、赤い牌にまつわる能力かな。
配牌で必ず中の暗刻が来るとか手牌が赤色の牌になるとか(お姉ちゃんと被る)。
わっかんねー、すべてがわかんねー(思考放棄)


そもそも大安があるからってマイナス能力とか存在させんでええんやな。










何が言いたかったかというと、能力があっても対応できない豊音と違い


無能力で絶一門に対応していた末原先輩が最強ってことです。



Bブロック2回戦大将卓は本当に末原先輩が主人公だったと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あの場で使える能力がなかった説が妥当かなと思います。メタ的には個人戦に楽しみを残してたり?姉帯さんが個人戦出てるかは知らんけど。
怪物3人に立ち向かう凡人の構図は良かったですね。
能力を考慮した駆け引きが咲-Saki-の主な魅力の1つだと思ってます。

No title

ぶっちゃけ霞さん・咲さんのターンの邪魔になるから置き物状態にさせられただけでFA。

No title

単純に対応できる能力が無かったのだろうと思います。
能力の中では「先負」と「友引」が最強なのでしょう。だからこそ熊倉が清澄の子が相手だから決勝まで隠したかった友引を出さずにはいられない、と語っているのだと。

末原の和了は咲が鳴かせたことにより成立したものなので、単独では完全に対応出来なかったものだと思われます。
プロフィール

mano_blanch

Author:mano_blanch
マーノ・ブランシュ
なんJ用語とか多用するので注意。

最新記事
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
最新コメント
応援中
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。