スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋榎「どうすりゃええんや・・・」

敵地、東京で迎えた春季大会
先鋒上重が大量失点、大将末原が洋榎の貯金を吐き出し惨敗だった
部室に響くチームメイトのため息、OBから聞こえる「来年もシード落ちだな」の声
無言で帰り始める部員達の中、エース愛宕洋榎は独り部室で泣いていた
インターミドルで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
それを今の姫松で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃええんや・・・」洋榎は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、洋榎ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい机の感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰って牌譜を見なアカンな」洋榎は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、洋榎はふと気付いた

「あれ・・・?控え室にいる・・・?」
控え室から飛び出した洋榎が目にしたのは、廊下まで埋めつくさんばかりの部員だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように姫松の応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする洋榎の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「洋榎、出番や、そろそろ行かな」声の方に振り返った洋榎は目を疑った
「セ・・・セーラ?」  「どしたん洋榎さん、居眠りでもしてたん?」
「け・・・憩?アンタは三箇牧のはずじゃ」  「なんや洋榎、かってに憩を転校させおって」
「怜・・・」  洋榎は半分パニックになりながらオーダー表を見上げた
先鋒:愛宕洋榎 次鋒:園城寺怜 中堅:江口セーラ 副将:清水谷竜華 大将:荒川憩
暫時、唖然としていた洋榎だったが、全てを理解した時、もはや彼女の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんや!」
竜華に見送られ、対局室へ全力疾走する洋榎、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、部室で冷たくなっている愛宕ネキが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った








・コメント返信はこちら





>なさん
菫さんはそこまでひどい失点じゃないから…(震え声)
亦野先輩は満場一致で戦犯の模様。


>名無し1さん
やっぱり文堂って戦犯だわ。


>名無しさん
池田を改造するんですね分かります。


>名無し2さん
やっぱり池田って戦犯だわ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

白糸台と良い勝負ができる(勝てるとは言っていない)((白糸台信者並みの感想))

No title

副将に荒川を入れてマタンゴを飛ばそう(提案)

No title

優しい世界の大正義風越軍と良い勝負ができる
先鋒:宮永照 次鋒:南浦数絵 中堅:上埜久 副将:福路美穂子 大将:宮永咲

キャップと照でもできるなコレ
プロフィール

mano_blanch

Author:mano_blanch
マーノ・ブランシュ
なんJ用語とか多用するので注意。

最新記事
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
最新コメント
応援中
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。