スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合浦女子が新記録樹立

1大会で2度のトビはインターハイ史上初めてのことで新記録となった。







いや、妄想ですけどね。
意図的でない限り、矛先を変えただけで飛ぶような高校が臨海女子と当たって生き残れるか怪しいのでそんな風に考えています。





去年ダヴァンに飛ばされた選手が今年覚醒してリベンジに燃えて個人戦に出てくるとかいいじゃないですか。
三箇牧の例もありますし今年合浦女子が出てないからってまだまだ諦めるのは早い。


さて今年の青森代表の成績は、っと………







千曳学園・・・1回戦で越谷女子に敗退



あっ、ふーん…(察し)

三箇牧は相手が千里山だから許されたわけだからね。
越谷女子に負けるチームに負けるチームのエース……。





ダメみたいですね(諦め)






・コメント返信はこちら

続きを読む

スポンサーサイト

千里山のいつの間にか負けてた感

あれだけの選手がいてなぜ負けるのか?

っていう感じでなぜか負けてた千里山です。

逆に阿知賀はなぜか勝ってた感じです。





それぞれのオーダーで、個々の力で勝ってる(かも)ってところは次鋒の宥-泉とかろうじて副将の灼-フナQぐらいで他3箇所は間違いなく千里山のほうが上だと思うんですよね。


レジェンドが言ってた総合力っていうのは重要ですね(棒)





やっぱりどこかの高1最強さんがいけなかったのは間違いないんですけど、彼女も周りが3年の中頑張ったと思うんですよ。
そこをSSSとかいう人が卑怯にも狙い撃ちしたのがいけないわけでして……しかも阿知賀に稼がれる原因にもなっていまして……つまり千里山敗退の戦犯はシャープシューターである可能性が微粒子レベルで存在している……?




・コメント返信はこちら

続きを読む

臨海女子とかいう大正義

冷静に考えなくても強すぎィ!


どう見ても白糸台より強いんだよなぁ…。



もうさっさと有珠山トバしてもらって、それで終わりでいいんじゃない?

末原先輩も絹ちゃんも戦犯にならない優しい世界(姫松サイドの願望)

清澄敗退で決勝を描かなくていいから、すぐに個人戦に移行できて個人戦参加者のファンも満足やね(ニッコリ





・コメント返信はこちら

続きを読む

咲-Saki-全国編第7話「注目」 感想とか


1週間おいての久しぶりの咲アニメですね。

続きを読む

エイスリンが謎の鳴きに対応できないのなら


理屈じゃない鳴きで流れを操作する井上純でもエイスリンに勝てるよなぁ?


想像だけど純ニキは一応先鋒として全国のそれなりの強者と戦ってる分、ともきーと国広くんよりは強そう。
というか龍門渕は全員全国レベルはあるんですよね…?(震え声)
荒川憩(≒天江衣とする)擁する三箇牧に勝てる阿知賀には勝てるわけですし。あの時点での話ですがね。





・コメント返信はこちら

続きを読む

2地区に代表が分かれているところ


・東京

東東京:臨海女子……第2シード、東東京16連覇、現在準決勝中
西東京:白糸台……第1シード、IH2連覇、決勝進出



・大阪

北大阪:千里山女子……第4シード、全国ランキング2位、今大会ベスト8
南大阪:姫松……春季5位、現在準決勝中



・北海道

北北海道:萌間……1回戦敗退
南北海道:有珠山……現在準決勝中



・愛知

東愛知:津具……1回戦敗退
西愛知:苅安賀……2回戦敗退






愛知の代表wwwwww













まあ、私の地元なんですけどね。

悲しいなぁ……(諸行無常)





神奈川?

まだ間に合います。

華菜へ

風越の選手、OB、関係者を傷つける報道が相次いでいます。
たくさんの点棒が失われ、風越関係者を失望させ、選手、OBを苦しませています。
私はキャプテンという立場で心を痛めてきました。

こんなことがなぜ起きたのか。華菜のほかに、いったいだれがいるのか。

今回は、私の代で良かったと思っています。

風越の全盛期に華菜と会い、同じ道で帰り、同じ目的に向かって、悔しい時も、うれしい時も本気で涙を流してきました。
ファンに愛され、強くある風越をめざし、2年連続ベスト4、上埜さんとの再会も成し遂げました。

風越を育て、守り、築いてきた偉大な先輩方がたくさんいられます。
未来へ夢をつなぎ、風越の発展を願っている方もたくさんいられます。華菜もその一人だと信じます。

風越の一員だったことを誇りとして、これからを歩んでください。

まだ間に合います。

               福路美穂子





・コメント返信はこちらになります

続きを読む

姉帯豊音選手、謎の能力出し惜しみ


無事、2回戦敗退が決定した模様。




冗談抜きで豊音ってなんで先負友引しか使わなかったんですかね?

霞さんの絶一門に対しても「全体効果系じゃないと対応できないかなー」と言っていたわけで
なぜ使わない。使えないのか、使いたくないのか、使う度胸もないのか?

まあそのすぐ後に「対策の仕方が分からないよー」と言ってましたけど。



考えられるとしたら、1戦で2つしか使えないとか使ってたけど絶一門のほうが強かったとかあの場で使える能力がなかったあたりですか。




豊音の能力に関してはもう先達の皆様方が散々考察されていますが、少しだけ。


既出の二つが六曜であること、更に赤口も存在していることから六曜全てに相当する能力があるであろうことが分かります。

先勝に関しては先負の逆に近い能力で、先制リーチに関わる能力でしょう。
追っかけリーチされた場合にその牌が当たりになるか、もしくはその後のツモが当たり牌になるか、はたまた全く別の効果を生み出すのか。
とりあえずあの状態ではあまり効果が出なさそうです。


仏滅はマイナス能力というのがまず思い浮かびます。
大安と表裏一体の関係的な。
個人的には能力の消滅=無効化に特化した能力という説を推したい。
それだと絶一門相手に使えるのはこれでしょうか。


大安は分かりやすく超強運状態みたいな感じかな。絶対に振り込まないとか。
ただし無条件に発動できていては便利すぎるので、何かしら制限かデメリットがあるはず。


赤口は一番の問題児くんですね。
意味的には負のものなので、大安の逆に来るマイナス能力かもしれませんが、それだと初見のときに赤口を使わせる理由が存在しないので却下です。
名前から麻雀に即して考えると赤ドラ、赤い牌にまつわる能力かな。
配牌で必ず中の暗刻が来るとか手牌が赤色の牌になるとか(お姉ちゃんと被る)。
わっかんねー、すべてがわかんねー(思考放棄)


そもそも大安があるからってマイナス能力とか存在させんでええんやな。










何が言いたかったかというと、能力があっても対応できない豊音と違い


無能力で絶一門に対応していた末原先輩が最強ってことです。



Bブロック2回戦大将卓は本当に末原先輩が主人公だったと思います。

姫松高校決勝進出に向けて


大将戦突入時に1位だったチームは必ず2位以上になっていることが確認されているので
まずトップで末原先輩にバトンを渡そう。



大将面子は魔王、魔物、圧倒的大将のため、おそらく末原先輩以外が大量失点することはないでしょう。


姫松と清澄勝ち抜けと考えると、既に臨海と清澄の差が9万点以上あるので、清澄は中堅副将で稼げないと臨海を上回るのが相当難しいです。臨海の大差リードで大将戦に回ったら終わりです。
しかし中堅戦はどう見ても明華が大量失点するようには見えませんし、愛宕ネキがマイナスでは元も子もないですし、下手すると揺杏はトビそうです。


じゃあどこから稼ぐのか。






davin.png

もう(ダヴァンしかい)ないじゃん…。




ダヴァンが亦野先輩になれば現在の点差などもはやあってないようなもの。

姫松勝ち抜けはもはやダヴァンの双肩に懸かっているといっても過言ではありません。



冷やし透華を相手にして他校を飛ばしたダヴァンとはなんだったのか?

この声が挙がるとき、それは姫松高校が決勝に進む道が見えた時なのです……。






・コメント返信はこちら

続きを読む

咲-Saki-全国編第6話「萎縮」 感想とか


くるでー↑くるでー↑6話くるでー↑愛宕ネキくるでー↑




続きを読む

咲キャラソート上位10人を全て当てるまで帰れま10

なお、やる相手がいない模様(哀愁)








・コメント返信はこちら

続きを読む

末原「・・・こ、殺せッ!」


郁乃「戦犯の分際で命令するつもりか!
よぉし、この女はおまえたちにくれてやる。好きにしろッ!」

漫「さっすが~、いくのんは話がわかるッ!」





漫はともかく、いくのんはガチでこういうことをやりかねないキャラだと思う(風評被害)











あ、これだけの記事です。




コメント返信はこちら

続きを読む

真嘉比高校の銘苅選手

去年の個人戦で6位という実力を持った真嘉比高校のエース、銘苅選手(なぜか副将)。


今年のインターハイ団体戦では塞に完封され一度も和了れず、チームは敗退という結果に。



このエピソードは宮守がダークホースである所以と、塞の凄さをあらわしています。


しかしながら冷静になってみると、塞が凄いというより個人戦6位がその程度か、とも思えます。



塞は初美を塞いでいるときの消耗を豊音並と評しています。
ここで例示として銘苅の名が出てこなかったのは、銘苅を塞ぐことがそれほど苦ではなかったからではないでしょうか。


銘苅の能力が何かというのは不明ですが、一度も和了れていないのは、常時発動型だが常に塞いでいても問題ないか、能力に頼らないと和了れないのどちらかであり、いずれにせよ個人戦6位の肩書きの割りには微妙だなぁと。

もちろん半荘2回で一度も和了できないことぐらいは往々にしてあると思いますが、1回戦では格下の相手しかいなかったであろうにも関わらず和了れなかったというのはやはり評価を下げます。



塞の発言から初美と豊音はほぼ同格であることが伺え、やはり銘苅はこの二人よりは劣るのでしょう。

もちろん魔王様は遠距離からモノクルをぶっ壊しているので格が違います。



しかしガイトさんが3位であることを考えると3位と6位に差がありすぎだろ、と感じますね。
BLEACHでいう隊長と3席ぐらい差がありますね。チャドの霊圧も消えるわ。



銘苅選手をディスっているような記事ですが、彼女の登場を心待ちにしております。
ま、1年間鍛錬を怠ったということにしましょう。
もしかしたらアニメ全国編で姿が見られるかも、という期待。











塞の能力は「相手の能力を塞ぐ」というイメージですが、そもそも和了れないという点から「手を塞ぐ」という霞さんの発言のほうがそれっぽいかもしれません。







亦野先輩とか塞いだら何もできなさそう。

コメント返信

更新する内容がうまくまとまらないのでとりあえずコメント返信だけはしておきます。




>-さん
末原 かわいい


>名無し1さん
末原先輩好きなら、まあ、多少はね?


>ポンさん
私も好きです。
だからこそアニメで声がほしかった。


>hiteniさん
まだしばらくはかわいい咲さんですから。


>マフォクシーさん
1年児って小学生かな?(すっとぼけ)


>無名さん
いい感じにユルユルでした。


>名無し2さん
Thanks....
でもわかんねー、何言ってるかわっかんねー

咲-Saki-全国編第5話「神鬼」 感想とか

あ、先週全然更新してない…。


一週間経つ早さを感じながら5話の感想へ。


続きを読む

プロフィール

mano_blanch

Author:mano_blanch
マーノ・ブランシュ
なんJ用語とか多用するので注意。

最新記事
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
最新コメント
応援中
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。